symbol シンボル XYM ジム NEM ネム blockchain

Empowering People with Blockchain


Symbol/NEM へようこそ。導入が簡単で、いつでも、誰でも使える L1 チェーン

NEMに新たな思想を吹き込んだパブリックブロックチェーン

nem logo ネム ロゴ
2014年に登場したNEMに対して、性能向上・機能強化・コンセンサスアルゴリズムの改良を目的として、「Catapult」というコードネームで開発が行われていました。これが完成し Catapult を搭載して2021年にリリースされたパブリックブロックチェーンが「Symbol」です。
NEM とは?

高度な機能性

symbol nem functionary background

一般的にブロックチェーンは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトと呼ばれるトランザクションロジック(取引処理)を、自身で開発する必要があります。ブロックチェーン上の取引は取消ができないため、デプロイしたトランザクションロジックに不具合が生じた場合や脆弱性があった場合に、取り返しのつかない損失を被る可能性があり、開発者はシステム検証、デバッグに多大な時間をかけていました。Symbolは、トランザクションロジックがあらかじめ豊富にビルトインされているため拡張性に富み、それらは検証済みのためとても堅牢です。開発者は公開されているSDKやREST APIを介してこれらの高度なプラグイン型のトランザクションロジックを組み合わせ、利用することが容易に出来ます。

安全な取引をサポート

セキュアなマルチシグ署名に標準対応
特徴的な機能として、最大25名の署名者を設定できるマルチシグ(multi-signature)を、最大3層(multi-level)に渡って設定することが可能です。このマルチシグと多層ロジックアプローチを組み合わせることにより、承認ロジックに柔軟性を持たせる事ができます。また、万一秘密鍵を紛失した場合などに、他の連署者全員による署名で、アクセスを回復する事も可能です。このことは、ブロックチェーンの実装において、利用者の実務に応じたセキュリティ設計と、柔軟な運用を容易にすることができます。
>> show more
symbol シンボル nem card content image card content image
高速かつ堅牢な4層ネットワークを提供
Symbolは4層からなるネットワークで構成されています。バックボーンを維持しチェーンの分散化や状態記録を行いブロックを生成する「PeerNode」、各ウォレットからの取引要求や履歴を処理し、データをPeerNodeと通信する「APINode」、APINode上で各ウォレットからの処理要求を受付する「Rest Gateway」、各ウォレットやSDKである「Client」からなるネットワークをモジュール化して展開する事で、セキュリティの担保や容易なアップデートを可能にしています。
>> show more
symbol シンボル nem card content image card content image
コンセンサスアルゴリズムに PoS+ を採用
コンセンサスアルゴリズムはブロックチェーン内のノードがブロックを生成する為の合意形成ロジックです。NEMで採用されていたPoIの改良版としてPoS+(Proof of Stake Plus)を採用致しました。Symbolではブロックチェーンの維持に貢献したノード、ウォレットに対して「ハーベスティング」(ステーキング)と呼ばれる報酬が分配されます。報酬分配先の決定には “保持するトークン総量” “ウォレットが支払った手数料総量” “過去報酬を得た回数” を考慮した重要度スコアが用いられ、特定のアカウントに富が集中し続ける事を抑止します。こうしたウォレットの「信用度」でブロックが生成される為、ハッシュレートに基づくタイプに比べ、環境にも優しいアルゴリズムとなっております。
>> show more
symbol シンボル nem card content image card content image

ニュースリリース

symbol シンボル nem card content image
symbol-sdk v3 アップデート

2023/7/30


Symbol-sdk v3 アップデート

symbol シンボル nem card content image
次世代型ファイルセキュリティシステム「JUGGLE」が、IT...

2023/6/30


株式会社Opening Lineの次世代型ファイルセキュリティシステム「JUGGLE」が補助金交付対象ツールとして認定されました。

symbol シンボル nem card content image
Zaif 暗号資産ウェビナーへNEMTUSが登壇

2023/6/24


暗号資産取引所「Zaif」を運営する株式会社カイカエクスチェンジの開催するウェビナーへNEMTUSが登壇します。

symbol シンボル nem card content image
サイアムレイワ(2020)に関する取材記事が公開されました

2023/6/19


サイアムレイワ(2020)に関する取材記事が公開されました

symbol シンボル nem card content image
IVS Crypto 2023 コミュニティパートナーとして...

2023/6/17


特定非営利活動法人 NEM技術普及推進会 NEMTUSは日本最大級のクリプトカンファレンス「IVS Crypto 2023」コミュニティパートナーとしてNEMT...

symbol シンボル nem card content image
DrugNが経産省/JETROのシリコンバレー派遣PJへ選抜...

2023/6/14


株式会社HealthCareGateのDrugNが、経産省/JETROで行う2023年7月に実施される起業家育成支援シリコンバレー派遣プログラムへ選抜されました...

symbol シンボル nem card content image
Symbol基盤のNFTをもっと簡単に「ONEPLATE」提...

2023/6/10


Symbol基盤のNFTをもっと簡単に「ONEPLATE」提供へ:NFTDrive×フードNFTコンソーシアム

symbol シンボル nem card content image
株式会社Opening Lineは、マイクロソフト社が提供す...

2023/6/10


株式会社Opening Lineは、マイクロソフト社が提供するクラウドサービス開発支援プログラム「ISV Success Program」に採択されたことを発表...

symbol シンボル nem card content image
タイで医療グレードの大麻を生産する日系企業Siam Reiw...

2023/6/8


タイで医療グレードの大麻を生産する日系企業Siam Reiwa (2020) Co., Ltd, の挑戦

symbol シンボル nem card content image
株式会社Opening Lineは、AIR投資事業有限責任組...

2023/6/7


株式会社Opening Line(以下、Opening Line)は、株式会社梓総合研究所(以下、AIR)が設立運営するAIR投資事業有限責任組合及び、株式会社...

手軽に既存のシステムへ導入可能

symbol sdk description
Symbolでは利用者に対してウォレットの他に、「SDK」と「Rest API」といったツールが提供されています。専用のプログラミング言語を新たに覚える必要はなく、利用中の「Javascript/Typescript」や「Java」「Python」また、それ以外の言語でもRest APIを経由してブロックチェーンへの取引要求や読み取りを可能としています。高度なマルチシグやトランザクションもビルトインの形式である為、SDKやAPIを介して即座に組み込みが可能です。
SDKに入門するSDK レポジトリ

はじめよう Symbol

ウォレットの選び方

注意するべきこと

困った時相談先

開発者向けの情報

Status

Let's go explorer
取引状況を確認する

About Us

Symbol Community Web はコミュニティのメンバーによって運営されています。サイトを運営するチームを紹介します。

About Us
symbol シンボル nem logo icon